1度きり 人生 大切

1度きりの人生を大切にしよう

人生と言うのは、失敗・後悔がつきものですが、1度きりの人生なので、よりよい人生を過ごしたいと思いませんか?

そのためには日々どのように過ごすと言いうのか考えていきましょう。

人というのは、いつ死んでもおかしくない生き物です。 ある日いきなり死んでしまうこともありまるので、自分がしたいと思っていることがあるのであれば、ドンドンやっていくようにしたほうが、後悔せず過ごすことが出来るのです。

死んでからでは何もすることが出来ませんから、自分がしたいことはしていきましょう。

●健康でいる事
そしてよりよい人生にするためには、健康でいる必要があるのです。 出来るだけ健康でいるためには、日頃から適度に運動をするように心がけてみましょう。 運動にすごく時間をかける必要はないので、少し体を動かすだけでも健康を維持することが出来ると思います。 また健康でいるためには、ストレスを溜めないことも大切なのです。 健康には、肉体的・精神的な健康が揃ってこそ成り立つので、ストレスを溜めるのではなく、適度に発散するようにしなくてはいけません。 疲れているのに無理をしてしまうと、そこからストレスを感じやすくなってしまうので、疲れたらしっかり休むように心がけてください。

●やりたいことリストを作り、やることが出来たらチェックする
誰でもやりたいと思っているけどなかなか出来ていないことがたくさんあると思いますので、これからドンドン挑戦していくために、自分がやいたいと考えていることを書き出し、やりたいことリストを作りましょう。 しっかり書き出すことで、自分がしたいことが明確になりますし、それに向かって行動に移すことが出来るようになります。 そしてやりたいことが出来たら、しっかりチェックしていき、何が出来たのかも明確にしておくと、自信にも繋がると思いますので、出来たことにはしっかりチェックしましょう。 チェックの仕方は、出来たことに線をして消していってもいいですし、シールなどを張ってもいいかと思いますので、しっかりチェックすることは忘れないでください。

●自分の居場所を見るける
仕事以外にも自分の存在を実感できる居場所を持つようにすることも大切になります。 このような居場所があれば、精神的にも安定するのです。 社会人サークルで活動をするようにしたり、行きいつけの場所があるのであれば、そこもあなたの居場所ではないでしょうか。

●親孝行をする
親孝行をしてみることも必要です。 多くの人が親孝行をしようと思った時には、もう亡くなっていて親孝行をすることが出来なかったということが多いので、出来る時に少しでも良いので、親孝行をするようにすると後悔すること人生を過ごすことが出来ると思います。

●損得を考えないで生活をする
損得しか考えずに行動をしている人がいると思いますが、「これをしたら損をする」「これをしたら得をする」と言う風に考えて行動するのは、あまり良いことではないと思います。 そうではなく、損得考えずに行動することが出来れば、今よりもいい人生を送ることが出来ると思います。

●優先順位を決める行動をする
あなたの人生で大切な物は何でしょうか? 大切な物はたくさんあると思いますが、それらの大切な物に順位をつけてあげましょう。 絞っていくのは対戦かもしれませんが、しっかり順位を決めてあげることで、それらをメインに人生を送ることが出来ると思いますし、楽しむことが出来ると思います。 中には、なかなか順位を決めることが出来ないという人がいると思いますが、そういう人はまずは、大切と思う物を全て書き出すことから始めてみてください。

●夢貯金をする
何をするにもお金と言うのは必要ですので、何かをしたいと思うのであれば、それに向かって貯金をするようにしましょう。 毎月いくら貯金するのかを決めて、毎月しっかり貯金するようにしてください。 金額を決める時は、自分の生活が苦しくならないようが金額を設定するようにすることが大切です。 苦しくなってしまうと貯金が続かなくなってしまうので注意しましょう。

●頑張った時には、しっかりご褒美をあげること
何かを頑張った、目標を達成できた時には、自分にご褒美をあげてください。 ご褒美は何でも構いません。自分がほしい物があるのであれば買ったり、食べたい物があれば食べたりするといいかと思います。 このようにすればまた頑張ることが出来ると思いますし、楽しくなると思います。

このように1度きりの人生です。思いっきり楽しんで過ごした方がいいですよね♪ 生活していれば失敗することもたくさんあると思いますが、「失敗は成功のもと」とも言いますし、失敗したからこそ知ることが出来たこと、学んだことがあると思います。 そして私達はドンドン成長していくのです。 なので、初めから失敗するからやらないと思うのではなく、失敗するかもしれないけど、成長するためにやってみようという風にしていくと、後悔せずすごくことが出来ると思うので、ドンドンやっていきましょう。

↑ PAGE TOP