人生 見失った 原因 対処法

人生を見失った時の原因と対処法

人というのは、何かをきっかけに生きる意味を見失ってしまうことがあり、その理由は人それぞれです。

そして生きる意味を見失ってしまった人は、何も手につかない、気持ちがあがらないなどと感じているのです。 生きる意味を見失うということは、誰にでも起こり得ることで、心が不安定になり、最悪な場合は、自分で命を絶つという人もいるのです。

ですが、生きる意味や目的を持つことで、生きていることが楽しい、幸せと感じられるようになると思います。

自分で命を絶つということが無いように、どうして生きる意味を見失ってしまうのかなどを理解することが大切だと思います。

早速生きる意味を見失う原因は何なのかを見ていきましょう。
1つ目は、暇だと生きる意味を見失ってしまいます。
暇な状態が長く続いてしまうと、仕事もなく、何もすることがないため、日常生活に刺激が無くなってしまうのです。 毎日時間が過ぎるのも待っているというのは、もても退屈で、生きている意味があるのかな?と考えるようになってしまう人がいるのです。 ですが、毎日忙しくして過ごしている人というのは、逆に暇を求めている物なのです。 そして忙しい人は自分では気づいていませんが、毎日刺激を受けながら生活をしているのです。 忙しい人が1日暇になったとしても、それは自分を休憩させる時間になるだけです。 暇な時間が長いほど、生きる意味を見失ってしまう可能性が高くなってしまうので、暇な時間は注意しなくてはいけないのです。

2つ目は、大切な物を失うことです。
今まで大切な人、大切な物が身近にある環境で、急にそれらを失ってしまうと、人は生きる意味を見失ってしまいます。 家族、友達、ペット、恋人の他にも健康などもその中に含まれます。 もしもいつも一緒にいた家族が病気などで亡くなってしまったとしたら、あなたは何を考えますか? 多くの人は強い悲しみを感じると思います。 大切な人、物、ことをいきなり失ってしまうと、心に穴が開いてしまったかのような感覚になってしまうと思いますが、これはいつ誰がこのような感覚になるのかを誰も予測することは出来ません。 このように心にぽっかりと穴が開いてしまうと、生きる意味を見失ってしまう大きな原因になるのです。 こういった状態になってしまうと、気持ちが落ち込み、何も手につかなくなってしまうことがあると思いますが、ほとんどの場合は、時間が解決してくれるものです。 大切な人、物、ことが、もう存在しないことを受け止める必要がありますが、早く受け止めようと焦る必要はありません。 ゆっくりでいいので、自分のペースで受け止められるようにしていくことが大切だと思います。無理をしてしまうと逆効果になってしまうので、無理しないようにしてください。

3つ目は、辛い日々を送っていることです。
学校や職場でいじめにあっていたり、家庭環境が良くないという場合は、生きる意味を失ってしまう可能性があります。 辛いと感じる状態が長く続いき、辛いと感じる気持ちが大きくなっていくほど、生きる意味を見失ってしまいます。 先が見えない辛さと言うのは、耐えがたく、苦しいことだと思います。 そして辛く感じることが長く続くほど、「生きているのは辛いから、死んだほうが楽かも」と考えるようになっていってしまう可能性が高いです。 いじめを受けていて、自分で命を絶つ人が多いことはニュースなどで放送されていてわかると思います。 辛いとどうしてもマイナス思考になってしまい、ドンドンマイナスにしか考えられなくなってしまうのが原因なのです。

4つ目は、孤独に感じてしまうことです。
孤独に感じてしまうと人は、「自分は必要じゃない」と感じるようになってしまいます。 このように感じることが生きている意味を見失ってしまう原因になるのです。 私達人間が生きていくには、誰かに支えられながら、気持ちを共感していくことが大切になります。 孤独に感じないためには、誰かに必要とされていると感じることで、孤独から解放されると思います。 また孤独に感じてしまうと、自分への評価を低くしてしまうのも原因の1つになると思うので、孤独にならないように工夫することも大切だと思います。

このようなことが原因なのです。ではどのようにすれば生きる意味を見つけることが出来るのかを少し紹介していきましょう。

●自分がどうなりたいのかを考えることです。
もしも生きる意味を見失ってしまった場合は、自分がどのようにかかわってきたのか、自分がどうなりたいと思っているのかを考えてみましょう。 自分が何を生きる意味にしていこうと思っているのかをゆっくり考えていくようにしましょう。 そして生きる意味を見つけることが出来れば、どのように行動していけばいいのかもわかっていくと思うので、思いついたことは書き出してみましょう。 生きる意味は些細な事でも構いません。書き出して行動することが大切なのです。

●自分を偽らないことです。
自分の気持ちを偽らず、正直に生きましょう。 自分の気持ちを偽ってしまうと、本当の自分を見失ってしまうので、自分の気持ちに嘘をつかないようにしましょう。 自分がやりたいと考えていることがあるのであれば、1歩踏み出してみましょう。 自分に正直になり、やりたいことが出来るようにすれば、生きる意味になると思います。

●大切な存在を見つけることです。
大切な存在がある人というのは、そのために生きる意味を感じると思います。 大切な存在を見つけることは、そんな簡単なことではありませんが、見つけることが出来れば、生きる意味が出来ますし、楽しく過ごすことが出来ると思います。 少し時間がかかってもいいので、大切な存在を見つけられるように努力してみてください。

このようにしていけば、生きる意味を見失ってしまったとしても、意味を見つけ過ごすことが出来るのではないでしょうか。

↑ PAGE TOP