人生 嫌い

人生が嫌いになってしまった時には?

人生が嫌いになってしまった時には?

日々暮らしていると、人生が嫌になってしまったことが誰にでもあると思いますし、誰でも経験していることだと思います。

では人生が嫌と感じてしまった時あなたはどうしていますか? どうすることも出来ないという人もいるかと思いますので、これから紹介する言葉を見てみると、元の自分を取り戻すことが出来るかもしれません。

では早速色々な言葉を紹介していきますので、嫌になってしまった人は見てみるといいでしょう。

1つ目は、思っているよりも人なあなたを見ていない!!
人間と言うのは、どうしても人の目を気にして生活をしてしまっていますが、実際は自分が思っているほど、人はあなたを見ていません。 また人が自分のことをどう思っているのかは、どうしても気になってしまうと思いますが、気にしたところで、相手が自分をどう思っているのかを知ることは出来ないので、気にしているだけ時間の無駄ではないでしょうか。 なので、そこまで人の目を気にする必要はないかと思います。

2つ目は、人に期待をしない
生活をするということは、必ず人と接しながら生きて行かなくてはいけません。 また人に関わっていれば、何かしらいい話が舞い込んでくることもあると思いますが、だからといって、全てが良い方向に行くとか限りません。 期待したいという気持ちはわかりますが、大きい期待を他人にしてもショックを受けてしまう可能性もあるので、あまり期待をしないほうがいいのではないでしょうか。

3つ目は、期待されていない
上記の同じようなことではありまうが、自分が思っているほど他人は、それほどあなたに期待をしていないと思います。 また私達はよくプレッシャーを感じることあると思いますが、自分が思っているほど他人はあなたに期待をしていないということをしっかり理解しておいたほうがいいと思います。 ですが期待に応えられると満足感を得ることが出来ると思いますが、逆に人に期待されていないと思えばショックを受けるリスクも軽減することが出来ると思います。 もし、他人に良い反応をされたることがあったら、あからさまに喜ぶのではなく、心の中で喜ぶようにしたほうがいいでしょう。

4つ目は、ドンドン新しいことに挑戦する
毎日同じことの繰り返しではなく、新しいことにドンドン挑戦しいくようにしたほうがいいでしょう。 何かに挑戦するということは、アドレナリンの放出が活発になるのです。 もし挑戦したことで、失敗をしてしまったとしても、そこから学ぶことがたくさんあると思いますし、また1つ成長し、結果プラスになっていきます。 なので挑戦することを恐れるのではなく、色々なことにドンドン挑戦するようにしていくといいかと思います。

5つ目は、人生はフェアではない
人生がフェアではないというのは当たり前のことなのですが、日本は平均を重視しているので、どうしても平等が当たり前と言う風に錯覚してしまいます。 人と自分を比較するのではなく「人は人、自分は自分」という風に考えた方が気持ちが楽になると思いますし、他人と比較をした所で、全く違う人間なのであまり意味がないのではないでしょか。 このように考えることが出来れば、嫌と思うことが減っていくのではないでしょうか。 どんな人でも、少なくても1度は人生に嫌と感じたことがあると思います。 生活をしていると心が折れてしまうなんてことは当たり前のことだと思いますし、折れない人はなかなかいないと思います。 例えば、信じていた人に簡単に裏切られてしまった時や、仕事で認めてもらえなかった時など、人は簡単に心が折れてしまって嫌と感じてしまうのです。 なので、考え方を変え、「人の心は簡単に折れてしまうもの」という風に考えるようにしたほうが、少しは気持ちが楽になっていくと思うので、考え方を少し変えてみましょう。 人生を嫌と思ったとしても、ほとんどの人は少し時間が立てば、立ち直ることが出来るものです。 またそれを乗り越えることが出来れば、また1つ自分が成長出来た証拠ではないでしょうか。これらを乗り越えることでドンドン成長していけるのだと思います。 無理に乗り越える人要はありませんから、少しそのことから離れるようにしてみてはいかがでしょうか。 そのことをずっと考えているともっと人生が嫌になってしまうと思いますので、ずっと考えるのではなく、少し違うことを考えてみたり、違うことをしてみると案外簡単に乗り越えることが出来るかもしれません。

その他にも、人生が嫌だと感じた時は、どうして人生を嫌と思っているのか小さい問題を見つけ解決していくことで、乗り越えることが出来ると思います。 大きい問題を1度に解決しようと思ってもなかなかうまくはいけませんから、小さいことから少しずつ解決していってみましょう。 <
br> 人生に嫌と思うことは当たり前なことだと思うので、それについて難しく考えすぎることはないと思います。

↑ PAGE TOP